大宮区の自宅サロン”顔こりほぐし”の「ヘルシーアート」

顔こりほぐしのヘルシーアート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Healthy Art

不眠対策に向けて「光」の重要性


こんにちわ!
大宮区にある自宅エステサロン顔こりほぐしのヘルシーアート」を運営しているエステティシャンの山口季奈(ときな)です。
今日の大宮は気持ちのいいお天気です。
昨日ブログに書いたことをふと思い出し、布団を干してシーツを洗いました。

不眠症について悩んだことのある立場からいくつか書いています。

不眠症の人たちへの誤解

不眠症の人からアドバイスを求められたら

不眠症の人が自分でできること

今日はの重要性について書きたいと思います。

聞いたことがあるかもしれませんが、

朝陽を浴びた時に夜寝るためのスイッチが入る。

というのがあります。
このメカニズムはよく分かりません。ごめんなさい。
調べておきます。

ただ自分は、朝陽を浴びるようになってから寝付きがよくなりました

10年ほど悩まされた不眠が改善したきっかけは「引越し」だったと思います。
引越し」の半年後に10年悩んだ不眠がなくなりました。

いろんな理由があると思いますが、
その中に、部屋の構造があったと思います。

それは「陽当たり」です。

朝陽が差している部屋で目が覚める。
起きてリビングのカーテンを開けて朝陽を浴びる。


この動作が不眠の解決の大きな理由になったのでは?と考えています。
朝陽の中で目が覚めると起きあがりやすいです。
(不眠症の人は、寝ることよりも起きることを意識した方がいいという話があります。その話はまた今度)

だからカーテンはなるべく朝陽をジャマしない遮光じゃない色の薄いものを使っています。
(光の漏れが気になる方は遮光でいいと思います。)

前の家では、朝陽はほぼ入らなかったですし、
カーテンを開けるという窓もありませんでした。

引越し」で変わった生活環境は他にもあります。
昨日書いたブログに関することですが、寝具です。

これまで布団でしたが、ベッドに変えました。
布団かベッドかは好みによりますが、私はベッドで寝たかったし、
やはり合っていたようです。

陽当たりも寝具も、考えてそうしたというよりも、
引越しによってたまたまそうなって不眠解消につながったのでラッキーでした。

ここまで自分の体験を書いてしまいましたが、引越しはすぐにできるものでもありません。

カーテンを変える
布団やベッドの位置を変える
光のジャマをしている棚があれば模様替えしてみる
朝起きて、ベランダがあればベランダ、なければ一瞬でいいから玄関から出てみる

などをしてみたらいいのではないかと思います。

これから引っ越す予定のある方は、「陽当たり」の優先順位を上げていただけたらと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Healthy Art

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthyart.blog60.fc2.com/tb.php/438-0580552a

 | HOME | 

”顔こりほぐし”の「ヘルシーアート」山口ときなの日記


Appendix

ヘルシーアート山口

ヘルシーアート山口

健康管理士の山口ときなです。
信頼できる健康、美容の情報を発信していきたいと思います。

FC2Ad


ヘルシーアートメニュー

TOP
ヘルシーアートとは?
ヘルシーアートの痩せるしくみ
健康についての相談
体脂肪減少コース
疲労解消コース
施術内容
他院との連携制度
お客様の声
Q&A
料金
ご予約
アクセス
スペシャルサンクス

Calendar

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。