大宮区の自宅エステサロン”顔こりほぐし”の「ヘルシーアート」

顔こりほぐしのヘルシーアート

糖尿病合併妊娠(5)入院



糖尿病合併妊娠について5回目は入院中のことについて書きたいと思います。

その前まではこちら
糖尿病合併妊娠(1)赤ちゃんのリスク

糖尿病合併妊娠について(2)お母さんへのリスク

糖尿病合併妊娠について(3)絶対にやらなければならない計画妊娠

糖尿病合併妊娠(4)妊娠が分かってから入院まで





入院は当初2、3週間ということでしたが、結果的には4週間入院しました。
ちょうど去年の今日が退院だったような。。。細かくは忘れました。

入院をしてまず行ったのは検査。
いろんな検査をしたのでそれがなんの検査だったのかなどはもう覚えていません。
合併症の可能性のある腎臓と、目の検査はすぐにやったと思います。
一番嫌だった検査は、二日分の尿を溜める検査です。
毎回コップにとって、所定の袋に入れていくんです。
間違って隣の人のに入れてしまったら大変だ!と思って入れるときは毎回緊張していました。
毎回コップにとるのもなんか嫌だし、それが溜まっていくのを見るのも嫌でした。
そして、これが一体なんの検査だったのか?というと、いろいろあるみたいですが、
腎臓の悪い方は尿があまり出ないので、それを計測するというのはあったと思います。
腎臓は尿を作るところですから、言われてみればそうなのですが、
人口透析をやるかやらないかの判断の1つにもなっているようでした。
病室でどのくらい尿が出たとか出ないとか、だから透析しろだのしたくないだのの会話を聞いていて、
本当に出ないものなんだ〜と、そういう方を目の前にして不思議な気持ちになりました。

あとは入院中と言えば食事です。
私の身長からいくと1600キロカロリーを1日で食べる計算でした。
そうなると米は1回160gですよ!?
なかなか多くて、食べるのに必死です。
だんだんと残すようにもなりました。

検査と食事とを最初は頑張っているという感じで、
検査は血糖値以外は肝臓数値が悪かったくらいであとはオッケーでした。
肝臓数値も、すぐに正常になりました。

そして、問題の血糖値。
これをコントロールするのには苦戦しました。
なかなか下がらない。
血糖値は1日に7回ほど測ります。
指定のインスリンの量を打つのですが、なかなか下がらない。
インスリンの量を変更する指示もどんどん変わりました。

「糖尿病の人は血糖値が下がりすぎる低血糖になるから飴を持ち歩く」
というのはよく聞いたことがあると思いますが、
治療をしていると低血糖にはしょっちゅうなります。
で、入院中の方もみんななりますので、計測して低血糖だとなると、飴とかビスケットをもらえるんです。
それが羨ましくて羨ましくて。
私も低血糖になって、もらいたいと思っていました。
(そのうち毎日低血糖になるんですけどね 笑)

なかなか下がらないということで、食事の量が1460キロカロリーくらいに落とされました。
そしたら今度は食後2時間後は血糖値高すぎ、食事後2時間半経つと低血糖というのが毎回続きました。

血糖値は健康な方ですとだいたい100前後だと思います。
高い人は120を超えて上はどこまでもいくのでしょうか。
低いというのは70台前半から下です。
で、私が目標にしていたのは、空腹時が70から100。食事後2時間が100から120でした。
これはなかなか厳しい数値と言われていまして、糖尿病の方でもここまではやらなくていいらしいです。
ただ、妊娠中というのは例外でして、頑張ってという感じでした。
(なので今は結構ゆるいです)

高いと低いを繰り返してどうしたらいいんだよ!とイライラし始めていました。
低血糖に憧れてはいましたが実際は結構辛い。
手足震えるし、暑いとか寒いが分からなくなって汗かいてくるし、体から力が抜けてきて、ひどいと起き上がれないです。
放置するとどうなるかって、死ぬらしいです。
よく寝ている間に低血糖になって救急車で運ばれるお年寄りがいらっしゃるそうです。

心配しなくても、だいたいはすぐに飴でも食べれば大丈夫なんですけどね^^
(寝ていると対処は遅れますけどね。。私はベッドに飴を常に置いていました)


で、どうするんだ?!と思っていた時に、先生に言われました。
「食事を分食に変えましょう。1日3回の食事を6回に分けて食べます」

は〜〜??!!
って感じでした。
つまりは1460キロカロリーの食事を6回で分ける。
1回の量は今までの半分になって、しょっちゅう食べるというわけです。

最初は嫌々だった分食は、糖尿病の治療の中で、最終的にはとても大きな収穫になるものでした。
分食のおかげで、血糖値コントロールはうまくいくのですが、そればかりでなく、
私の体重も落ち、ダイエットにも成功しました。

あとで知ったのですが、これはスポーツ選手や芸能人、アイドルもされている方がいらっしゃるそうです。
彼らは、糖尿病の治療のためではなく、体型維持のためだと思いますが。

次回はこの「分食」についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Healthy Art

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthyart.blog60.fc2.com/tb.php/366-6734e06c

 | HOME | 

”顔こりほぐし”の「ヘルシーアート」店主のエステティシャン山口季奈の日記


Appendix

ヘルシーアート

ヘルシーアート

山口季奈(ときな)
さいたま市大宮区の自宅エステサロンで
”顔こりほぐし”の「ヘルシーアート」
を運営しています。

人の身体について知るのが楽しくて、
マッサージで変わって行く身体を見るのが面白くて、
人と接することが好きなので、

エステティシャンをやっています。

人の身体に関わる事(お顔のことやダイエットのこと、心のこと)
について普段考える事を書いていけたらと思います。

よろしくお願い致します。




 

FC2Ad


ヘルシーアートメニュー

TOP
ヘルシーアートとは?
ヘルシーアートの痩せるしくみ
健康についての相談
体脂肪減少コース
疲労解消コース
施術内容
他院との連携制度
お客様の声
Q&A
料金
ご予約
アクセス
スペシャルサンクス

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks